インフォメーション

* おおたかの森駅東口前で、19:00まで診療しています!

ライフガーデン 流山おおたかの森駅「TXグランドアベニュー」(東口側)通路からアプローチできるライフガーデン4階に、 「おおたかの森クリニック」があります。 午後は18:30までの受付で、19:00まで診療しており、通勤帰りにも便利です。 また、おおたかの森病院と電子カルテを通じて連携しており、 緊急時の入院、手術にも対応いたします。


* 総合内科専門医による専門外来のご案内

人間ドックや健康診断で指摘された方をはじめ、下記疾患の診療を行っています。

■糖尿病
尿が増える・のどが渇く・体重が減る・疲れやすい、といった症状が起こることもありますが、ほとんどの方が無症状のため 気付かないうちに発症し、健康診断などで指摘されることが多いです。 しかし、症状がないからといって治療をせず放置すると、網膜症・腎症・神経症の三大合併症に加えて、心筋梗塞・ 脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化に伴う合併症を引き起こします。 治療の基本は食事・運動療法ですが、血糖コントロールが悪化すると内服薬さらにはインスリン注射による治療が必要になります。 治療によって血糖値が目標値にまで改善しても、『糖尿病が治った』というわけではありません。 通院を中止すると、ふたたび血糖値は高くなってしまいます。定期的な検査と治療を続けることが大切です。

■甲状腺疾患
バセドウ病:自己抗体が甲状腺を刺激することによって頸部が腫れ、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって、甲状腺機能亢進状態となり、身体の活動が過剰になる病気です。 疲れやすい・汗をかく・震えがでる・動悸がする・体重が減る、などといった症状が出ます。 基本的に治療は内服薬ですが、放射線療法が行われることもあります。
橋本病:自己抗体が甲状腺を破壊することによって頸部が腫れる、または萎縮し、甲状腺ホルモンの分泌が減り、甲状腺機能低下状態となり、身体の活動が低下する病気です。 疲れやすい・寒がりになる・体重が増える・浮腫んできた、などといった症状が出ます。治療は、甲状腺ホルモンの補充療法です。


* SAS(睡眠時無呼吸症候群)外来のご案内(月曜日9:00〜11:30)※予約制

睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群は、就寝中のいびきだけの問題ではなく、寝不足からくる日中の集中力低下や、居眠りの原因ともなり、 自動車運転中の事故などにつながる危険もあります。
[詳細はこちら]



* 禁煙外来のご案内

禁煙外来 今や、喫煙による病気のリスクは周知の事実ですが、習慣となってしまっている喫煙は、なかなか止められないものです。 健康保険等を使った禁煙治療は、12週間で5回の診察となります。はじめに喫煙状況などから、健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。 毎回の診察で、禁煙補助薬の処方をし、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定し、禁煙状況に応じてアドバイスをしています。


合計カウント

本日のカウント